使役形: ~をして~しむ

Studying a new story the other day, I came across another form of the 使役形 I hadn’t studied in any other book, so I decided to bring it here.

I’ve mentioned it in passing in other posts, but that doesn’t really do justice to what is a fairly complex construction. First, the most basic form of 使役形 is A使BC, where A is the subject, B is the object, and C is the verb. It is read A、BをしてCせしむ. ~しむ is a classical Japanese 助動詞 to specify 使役形 must like ~させる in modern Japanese, and attaches to the 未然形. There is one more form of 使役形 in 古典 (~す・~さす), but 漢文 is only read with ~しむ.

Some examples:
1.天帝使我長百獣 天帝我をして百獣に長たらしむ, where ~たらしむ is ~たり(断定)+しむ. You can read 長 however you like, I suppose, though most books read (this particular example) as ちょう. You might feel the urge to get fancy in 漢文 sometimes, but it is often unnecessary. I’d go so far as to say, when in doubt, stick with the 音読 (it being Chinese and all). 因みに, this is from the 虎の威を借る狐 allegory, which I will do some day.
2.Very often, A is abbreviated, as in the following. 使天下無以古非今 天下をして古を以て今を非とすること無からしむ.
3. In addition to 使, there are at least 4 other 漢字 used to signify 使役 that are read ~をして: 令・教・遣・俾. With the exception of 俾, which appears to be uncommon, if not rare, the others seem somewhat common and there is usually a nuance of the original meaning of the character used.
諸例:イ)遂教方士慇懃覓 遂に方士をして慇懃(いんぎん)に覓(もと)めしむ。(教える)ロ)遣人随其往尋向所誌 人をしてその往くに随(したが)ひ向(さき)に誌(しる)せし所に尋ねしむ。(遣はす)ハ)令将軍与臣有郤 将軍をして臣と郤有らしむ。(令す)ニ)匪用其良、覆俾我悖 その良を用ゐるに匪(あら)ず、覆って我をして悖らしむ。*現代語訳 below.

In addition to the ~をして construction, there are 漢字 that have an inherent 使役 meaning, and as such the 文 takes the 使役形. One usually figures it out through context, but here are some below:
イ)命 A名BC A、Bに命じてCせしむ(命令する)
ロ)召 A召BC A、Bを召してCせしむ(召し寄せる)
ハ)説 A説BC A、Bに説きてCせしむ(説得する)
ニ)勧 A勧BC A、Bに勧めてCせしむ(勧める) 例:勧斉伐燕
ホ)遣 A遣BC A、Bに遣はしてCせしむ  This character can be read either ~をして or ~を遣はして depending on context)
ヘ)挙 A挙BC A、Bを挙げてCせしむ(挙用する)
ト)駆 A駆BC A、Bを駆りてCせしむ(追い立てる) 例:駆其所愛子弟以殉之 (その愛する所の子弟を駆りて以て之に殉ぜしむ)
チ)趣 A趣BC A、Bを趣(うなが)してCせしむ 例:趣火来上(火を趣して来(きた)り上さしめ

Just some examples. There are, of course, other examples where there is no indicator (例:坐之堂下、賜僕妾之食 これを堂下に坐せしめ、僕妾(ぼくしょう)の食を賜ふ), so, like everything in 漢文, there is no hard-set rule.

*イ)それで道士に念入りに捜索させた、ロ)部下に、男のあとについて行かせ、その時にしるしをつけた場所を訪ねさせた、ハ)将軍と私の間を割こうとした、ニ)(欲のために)よい人を役に立てることができず、却って自分を過ちに陥らせてしまう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。